おひとりさま終活

最初に・・・

自分が本当に「民法上のおひとりさま」なのかを
確認してみることにしましょう。

というのも「自分はおひとりさま」と思っている方も、
実は、そうではないというケースがあるからです。

本人が亡くなる時に、
下記の項目「すべて」に該当する場合が、
民法上のおひとりさま、ということになります。

1、父母、祖父母(直系尊属)
全員亡くなっている

2、配偶者
結婚していない
または、配偶者が亡くなっている

3、本人の子供(直系卑属)
子供がいない
または、全員亡くなっている

4、本人の兄弟姉妹
兄弟姉妹がいない
または、兄弟姉妹が全員亡くなっていて、
兄弟姉妹に子供がいない
または、兄弟姉妹の子供が全員亡くなっている

条件として抜けているかもしれませんが、
こんなところだと思います。

また、相続には優先順位があるため、
下記の優先順位に従って相続が行われます。

※配偶者は常に相続人となります
第一位: 子供(亡くなっている場合は、孫・ひ孫)
第二位: 父母(亡くなっている場合は、祖父母)
第三位: 兄弟姉妹(亡くなっている場合は、甥・姪)

ここで、
本人が民法上のおひとりさまではない例として、
ポイントになるのが「甥・姪」の存在です。

上記図は、
本人と甥・姪のみが存命した場合の例です。

また、よくある事例としては、
本人は未婚で、兄弟姉妹は全員亡くなっているが、
兄弟姉妹に子供がいるという場合です。

いずれの場合も、
甥・姪が法定相続人となるため、
民法上のおひとりさまとはなりません。

ただし、本人の子供は、
孫・ひ孫が法定相続人になりますが、
甥・姪の子供は、法定相続人にはなりません。
※昭和55年の民法改正で、甥・姪の
再代襲相続が認められなくなったため
(ご興味のある方は、ググって下さい)

上記を踏まえ、
ご自身の相続を考える必要がありますね。